猫のバッチフラワーレメディ教室

2010年12月29日

猫と夢

眠っている最中に足を動かしたり、寝言を言ったり、猫も夢をみているような様子を見せますよね。
猫ノア部長は、ウーウーと低く唸るような寝言を言うことが・・・。そんな時は、普段の生活で何か不満でも・・・とちょっとドキドキしたり、口をムニャムニャ動かしている時には、美味しいものの夢でもみているのかなぁ・・・と楽しくなったりしています。

睡眠と言えば、よく耳にする言葉が、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」。
簡単に言ってしまえば、

「レム睡眠」→ 体は休んでいるけれど、脳は起きている
「ノンレム睡眠」→ 体も脳も休んでいる

で、睡眠中はこれを繰り返しているそうです。
Wikipediaによると、レム睡眠は、すべての陸生哺乳類にみられるとのこと。
夢をみるのは、レム睡眠の時・・・。なので、聞いて確認することはできませんが、猫もきっと夢を・・・♪

レム or ノンレム?
黒猫、睡眠中

そんな夢みる猫さんたち。
みたい初夢ナンバーワンは、やっぱりお魚天国の夢でしょうか。

ふかふかお布団で、楽しい初夢♪
猫のキャットポケット

初夢は、またまたWikipediaによると、江戸時代には、「大晦日から元日」「元日から2日」「2日から3日」の3つの説があったそうで、「元旦から2日」にみる夢・・・とされるようになったのは、明治の改暦後だとか。

さてさて、2011年の元旦の夜、皆さまと猫さんのもとへ、どんな初夢が訪れるのでしょう。
楽しい夢でありますように♪

タグ:

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

冷えは、大敵

寒さが本格的になってきましたね。お体しっかり、あたためていますか?
と言うのも、実は先日、体調を崩してしまい、その原因が、「冷え」だったからなのです。
お風呂に入ってもちっともあたたまらず、なんとなく寒いなぁ・・・と感じつつ、そのままにしていたら、最悪の体調に・・・。

東洋医学では、「冷えは万病のもと」と言います。
体が冷えると、血管が縮み、血流や代謝が悪くなります。血流が悪くなると、胃腸の機能も鈍くなります。代謝が悪くなると、老廃物がたまり、血はドロドロに・・・。免疫も低下するし、いいことなし・・・です。

あたたかくして、体の中の循環をよくしたいですね。

体をあたたかい状態に保つって、本当に大切。
風邪がひどくなると、発熱しますよね。あれは、体がウィルスと戦っている証拠。細菌は、熱に弱いのです。冷えた体では、ウィルスに勝てません。

さて、体の中が冷えきっていると、室温を上げても、なかなかあたたまらないことがあります。
また、室温を上げすぎると、他の場所との温度差で、自律神経のバランスが崩れ、逆効果になることも・・・。
乾燥も心配です。

その点、体を直接あたためることのできる、ゆたんぽはオススメ。体の中を湯たんぽにあたためられた血液がめぐり、ゆっくりと自然にあたたまっていきます。
乾燥の心配もありません。

それから、顔はほてっているのに、足元は冷えたまま・・・ということ、ありませんか?あたたかい空気は上へ、つめたい空気は下へ流れます。人の体も、下半身の方が体温が低いそうですよ。
床暖房などの下からあたためてくれる暖房器具で、足元からしっかりあたためましょう。

足元をあたたかくすることは、床に近いところにいる、猫さんのためにもなります。
猫さんのベッドが床置きの場合は、かがんで、チェック!・・・です。思ったより冷えているかもしれませんよ。

でも、たとえ部屋があたたかくても、トイレやトイレまでの道が寒いと、おしっこをガマンしてしまうことも。
泌尿器系の病気の経験がある猫さんは、特に注意が必要です。こちらも忘れずケアしましょう。

猫にも「冷え」は、大敵。
寒い思いをさせることのないよう、気をつけたいですね。

Coたんぽセットの上の猫ノア部長・・・。
ゆたんぽと猫ノアあったか・・・デス♪

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 14:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

お出かけ前に・・・

ボクをさがす、ドウキョ人の声がしマス・・・。
黒猫ノアとクローゼット

ココに、いますヨ。
黒猫ノアとクローゼット

気がついていなかった・・・のですネ?
黒猫ノアとクローゼット

ボクたち猫の そっと忍びこむのうりょくは、天才的・・・。
お友だちが、トイレや棚にちょー時間、とじこめられたお話、聞くことがありマス。
あつい時や、さむい時は、たいへんな状態になるばあいも・・・。

そんな事件をぼーしするため、お出かけ前の「いどころチェック」は、必須なのデス。
とくに、ボクより年上猫さん(ボクは9歳ですヨ)や、病気もちの猫さんは、要注意ですヨ。

猫ノア、でした・・・。
黒猫ノアとクローゼットも少し、整理整頓デス。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 10:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

君子はあやうきに・・・

猫と生活していると、猫って、習慣の生き物だなぁ・・・と感じること、ありませんか?
ちょっとしたことでも、いつも通りでないと、警戒アンテナ、ピピピ・・・。
変化に、敏感です。

たとえば、いつものフードでない、お皿が違う・・・。
期待に胸をふくらませて新調した、猫ベッドにも・・・・・・。
新しいと、おもちゃにさえ警戒心が働く場合があります。

猫ノア部長も、微妙なところに警戒心を働かせます。
我が家に来たばかりの時は、じゅうたん敷きの床に、警戒アンテナ、ピピピ・・・。

馴染んだフローリングとは違うやわらかさが、気味悪かったのでしょう。
なんか、変なのデス・・・と言わんばかりの状態で、歩いてました。
キッチンの硬い床は、普通に歩いていたので、新しい家への警戒心・・・ではなかった、と思います。

そして・・・。
数年前から、夏は、じゅうたんの上に、沖縄ビーグ敷きを敷いているのですが・・・。

今度は、これに警戒アンテナ、ピピピ・・・。
最初の年は、おっかなびっくり。わざわざ、まわりこんで歩くほどで、絶対に上に乗ろうとしませんでした。乗せようとすると、飛び上がって逃げていきました。

最近では、夏に登場するもの・・・とわかってきたのか、上を歩いたり、寝転んだりするようになっています。
それでも、ビーグ敷きの上に雑誌などがあると、雑誌の上に座ります。
まだほんのちょっぴり、警戒心が残っているのかなぁ・・・。(単に苦手なだけ・・・?)

猫ノアと沖縄ビーグ敷き封筒の上にも・・・

いつもと違うものは、警戒、警戒。
「君子は、危うきに近寄らず」・・・です。

猫ノアと絨毯君子・・・なのデスヨ

笑い話になる程度ならよいですが、少し心配な場合は、こちらの記事を・・・。

タグ:

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 10:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

好きなのか、きらいなのか・・・

猫ノア部長が、換毛のピークを迎えています。
いた場所いた場所、毛だらけになっているので、コロコロコロコロ、コロコロコロコロ。(←猫のドウキョ人さんだったら、何のことだか、きっとおわかりいただけるはず!)

春から夏にかけては、猫の換毛期。ピークは春先が多いようですが、ノアは遅めなのかな。
個体差や環境で、時期にずれがあるようですね。

ピークが終わっても、夏にかけて、まだまだ毛が抜けやすい季節は続きます。
毛球症予防のためにも、こまめなブラッシング、心がけたいですね。

ノア部長は、ブラッシングにはフクザツな思いがあるようです。
ブラッシング中は抵抗して、ブラシを噛もうとするくせに、呼ぶと、ブラッシングだとわかっているはずなのに、いそいそとやってきます・・・。

かけつける猫ノア参上ーデス♪

ブラシの中では、ラバーブラシが一番許せるよう。

猫によって、ブラシの好みはさまざま。ブラッシングに激しく抵抗するような場合は、他のタイプのブラシを試されるのもよいかも・・・。
もしかしたら、合ったブラシが見つかるかもしれませんよ。

ブラッシングの静電気が気になるような場合は、毛を湿らせてやるとよいようです。

「ペディペディハーブ」は、虫除け効果だけでなく、静電気を防いで、さらさらに。
「銀イオンスプレー」は、消臭+手軽なブラシングスプレー代わりとして。

オススメです♪

抜け毛、早く落ち着くといいなぁ・・・。

ブラシを見つめる黒猫・・・・・・・・・。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 11:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

野良の子猫

先日、近所の大きな公園で、カラスたちに襲われている子猫に遭遇しました。
野良ちゃんだったので捕獲は難しく、つきそうこと約1時間・・・。

子猫が歩けば追い、生け垣を越え、立ち入り禁止の芝生にも入り、カラスにコブシをふりあげていた私。子猫が見えなかった人には、怪しい人だと思われていたことでしょう・・・(^^;)

その間もカラスたちは、おそろしい声で、ギャアギャア・・・。子猫を襲おうと、低空飛行。
あまりのしつこさと、凶暴な雰囲気に、内心、ビクビク、ドキドキ。

子猫のそばにいて気が付いたのは、鼻がつまっている音。目もなみだ目で、猫風邪?
病院へ連れて行きたい・・・。
話しかけながら、ジワジワとにじり寄り、鼻先を指で触れられるほどには警戒心を解いてもらえましたが、捕まえようとすると、気配を察し逃げます。

月齢4ヶ月前後でしょうか。痩せていたので、もう少しいっていたのかもしれません。
ここまで育っているということは、どこかに親猫がいるはず・・・と思っていたら・・・。

暗くなったところで、親猫登場!
子猫が駆け寄り、2匹で逃げていきました。
とりあえずのところは、ほっ・・・。
叱られてしまいそうですが、私にできるのはココまで。

野良猫は、死と隣り合わせ・・・。
あらためて、外で生きることの厳しさを実感させられました。

今ではすっかり箱入り、nekomonoのノアも、保護猫です。
猫風邪で死に掛けていたところを「保護主さん」に、助けてもらいました。
兄弟達は全部、死んだそうです。

ノアの里には、まだ、驚くほどたくさんの猫たちがいます。

まねき猫
http://www31.ocn.ne.jp/~poohco/index.html

1日も早く、新しい家族があらわれますように・・・。

我家へ来て、1ヶ月ほどたった頃のノア。ようやく太りかけた頃です。
子猫時代のノア

タグ:里親 保護猫

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

くしゃみをする猫

nekomonoの看板、黒猫ノアが、昨日から時折くしゃみをしています。
暖かかったのが、急に冬の寒さに逆戻りしたのと、一昨日から、嫌いなご飯(鶏のモモ肉)を断固拒否!していたので、免疫力が落ちているのかもしれません。
免疫力が落ちると、持病の猫風邪が、むくむく。

猫風邪は、重篤でなければ、治療でいったん症状がおさまり回復する病気ですが、体内にそのままウィルスが残ることが多いそうです。
肉体的、精神的なストレスが引き金となり、症状が出てくることも。

とりあえず、暖かくして、好きなご飯にハーブ(エキナセアなど)を混ぜて様子見です。

季節の変わり目は、人も猫も体調を崩しやすい時期。
どうぞ、皆さまも、猫さんと気をつけてお過ごしください。

PCの横から出る温風で、暖とり中・・・。
「ノア用湯たんぽ」も、まだまだ片付けられそうにありません。
黒猫とPC

*参考
獣医師から直接聞いた話、わかりやすい「猫学」(ブルース・フォーグル)、イラストでみる猫の病気(講談社)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 12:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

高齢猫

先日、友人からのメールに、猫が13歳だから高齢で心配と、ありました。
私には、私より先に生まれたお姉さん(?)にあたる猫がいて、その猫が高校生の頃まで生きました(多分、18-19歳くらいだったと思います)。
すっかりそれが基準になってしまい、13歳がシニア猫というのがピンとこないのですが、確かに13歳は高齢の域に入ります。

キャットフードもシニア向けは、7歳以上や10歳以上が対象。
今年で9歳になる我家の黒猫ノアも、ここ1年くらいで急激に、毛の色が薄くなってきました。
真っ黒だった鼻が茶色になり、耳の下にも茶色いメッシュが。

100210.jpg



猫の年齢を人の年齢に置き換えるのは、不遜な気がして、あまり好きではないのですが、計算すると52歳。
なんと、知らぬ間に年上に・・・!

猫の年齢計算方法は、いろいろありますが、私が教わったのは、計算が簡単なコチラです。
1年で、20歳。あとは、1年ごとに、人の4歳。

1歳 → 20歳
2歳 → 24歳
3歳 → 28歳

ただ、これはあくまでも目安で、個体差はあると思います。

猫の長寿世界一を調べてみると、34歳の猫がギネスレコードのようですね。
http://www.necozanmai.com/zatsugaku/guinness/guinness.html
非公式では、イギリスの猫の36歳だとか!
思わず、ノアを見つめてしまいました。

高齢の猫のケアで一番大切なのは、人と同じで、ストレスの少ない生活を心がけることです。
心のストレス、体のストレス、どちらもできる限り少なく。

と言っても、何も難しく考える必要はありません。
いつでも水が飲めるように、水飲み場を増やしてあげたり、寒い季節なら、トイレやトイレまでの道のりを暖かくしてあげたり、上り下がりがしづらそうだったら、踏み台をつけてあげるとか。
楽で居心地のよい生活ができるよう工夫するだけで、ストレスは軽減されます。
目指せ、「かゆいところにも手が届くケア!」です。

そして、変化を見逃さないこと。

見かけだけではわかりにくい体の変化をキャッチできる、健康診断は安心材料のひとつです。
獣医さんによると、若い頃は、年に1度で十分ですが、高齢猫は半年に1度がオススメだそうです。
ただ、健診自体が強いストレスになるような猫さんの場合は、獣医さんと相談しつつ回数を決めた方がよいのではないかと思います。

少しでも長い時間を一緒に過ごしたい。それは皆、同じですよね。

ちなみに友人の猫は、元気いっぱい、ストレスフリーで、幸せそう。
人だって、今の64歳の方を高齢だとは思えませんもの!

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0