猫のバッチフラワーレメディ教室

2018年03月08日

2017年3月5日(日)、動きはなくても

3月5日、朝は、キドニーキープ少々。ツナ・タピオカ&カノラオイルを出しましたが、ちょぴりなめただけ。

昼間、ベランダピクニック(ベランダで日向ぼっこ)をしました。
ホットマットをしいて、その上で日向ぼっこ。
2月には、毛づくろいをしたり、のびのびしたりしていたのが、動きが少なく、ほとんど横になっているだけでした。
でも大好きなベランダピクニック。気持ちよかったのだと思います。この後、少し食べるようになりました。

午後、マスカルポーネ。

夜は、キドニーキープと、ツナ・タピオカ&カノラオイルを小さじ8分の1ほどと、純。

インスリン:9.5(8:30)、0.5(19:30)
カリウム
タンポポ茶:3ml×2回

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 18:13 | Comment(0) | 最期の3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年3月3日(金)、別々に

3月3日も、食欲はなし。
朝はキドニーキープ少々と、「ツナ・タピオカ&カノラオイル缶」を小さじ4分の1ほど。

マスカルポーネだけは、喜んでなめてくれました。
夜は、リカサポ4分の1を指付けで。

先生から療法食を勧められた時、サンプルを数種類いただいた中で、内容的にこれなら・・・と思い、ノアも気に入ってくれたのがキドニーキープです。
平べったい形状と魚風味、好評でした。
(2017年2月26日撮影)
猫ノア部長と療法食


猫ノア部長と療法食

夜は別々に寝ることにしました。ノアは、床暖を入れたままのリビングの自分のベッドに。その方が、ノアの体も楽だろうと思っていました。それに、特に寝室に来たがる様子も見られませんでした。
この時ノアは、どう感じていたのだろう・・・と今になって思うことがあります。

インスリン:0.5(8:30)、0.5(19:30)
カリウム
タンポポ茶:3ml×3回

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 17:33 | Comment(0) | 最期の3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年3月2日(木)、輸液後に

3月2日、朝は療法食のドライフード、キドニーキープを少し、「ツナ・タピオカ&カノラオイル缶」を小さじ半分ほど。

夜に輸液をした後、食欲が少し出て、キドニーキープと、リカサポを指付けで4分の1。
マスカルポーネは、引き続きなめてくれました。なめらかなチーズ、食べやすかったのでしょうね。

タンポポ茶は小皿に出した後シリンジで吸って、カリウムは右端の容器に入れ、そこからシリンジで吸い取って与えていました。
猫ノアのタンポポ茶

カリウムは嫌いで、一回ですまそうとすると口から出してしまうので、ちゃんと飲むこめるように2回に分けて。
猫ノアのカリウム


インスリン:0.5(9:00)、0.5(20:30)
カリウム
輸液:100ml(18:50)
タンポポ茶:3ml×2回

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 16:46 | Comment(0) | 最期の3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年3月1日(水)、マスカルポーネ

3月1日、午前中は何も食べませんでした。
夕方になって、「ツナ・タピオカ&カノラオイル缶」をちょっぴり。
夜ご飯に、鶏レバーを茹でてミキサーにかけて与えてみましたが、それも食べず。

でも夜に2回、「d.b.fリカバリーサポート缶」を指に付けてなめさせ、なんとか合計4分の1ほど食べました。
「d.b.fリカバリーサポート缶(以後リカサポ)」は、2016年の危なかった時期、ノアの命をつないだフードです。

40分ほど温灸もしました。
膝にのっているノアを上から温灸をするのが、この頃の温灸スタイルでした。特にこの温灸後に、リカサポを積極的になめてくれました。

食欲が落ち、好物だったチーズも食べなくなっていたのですが、もしかしてマイルドなものならと、昼間チーズ売り場をうろつき、「マスカルポーネ」を購入。生乳とクエン酸だけなので、成分的にも安心感あり、指につけて与えると、それはそれは美味しそうになめてくれたのが、とても嬉しかったです。
嬉しそうになめている姿に、「美味しいの、見つかってよかったね」と何度も声をかけ、ノアもご機嫌そうでした。

夜中、私は胃の激しい痛みで目が覚めて、数回吐いてしまいました。
そんな時にも寝室を出たがるノアに、「今は無理だから」と言うと、添い寝をして、なめてくれました。
でも落ち着くとまた「にゃーんにゃーん」と、出せ出せ攻撃。毎晩2-3時間毎に起こされるのがしんどく、この時、冷たくしてしまったのです。
ノアの方がもっと、しんどかっただろうに・・・。

血糖値:142(6:20)
インスリン:0.5(7:30)、0.5(19:45)
カリウム
温灸(21:30)
タンポポ茶:3ml×2回

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 12:57 | Comment(0) | 最期の3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月06日

「最期の3月」の前に

2017年3月12日に逝ってしまった、猫ノア部長。命日が近づいてしまいました。
最期の3月。今なら去年の今頃は・・・と、まだ言えますが、過ぎてしまえば、「去年の今頃は」は、使えなくなってしまいますね。
忘れたくないので、前々から書いて残しておこうと思っていた最期のこと、3月のことをこれから日別に、書いていくつもりです。

この頃ノアは、朝夕0.5単位ずつのインスリン注射、一日おきの100mlの輸液、カリウム剤が欠かせませんでした。
最後の通院となってしまった2月17日の検査では、

BUN:131.5(正常値17.4-40.4)
Crea:7.3(正常値0.6-2.0)

血糖値は、家で測ると140前後と落ち着いていたのですが、病院での計測値は、

Glu:245(正常値69-146)

と高血糖でした。
体重は2.92kgで、じりじりと軽くなっていました。

悪い状態なのに、まだ大丈夫だと思っていました。
今、ノアの写真を見ると、限界が近かったのがわかりますが、当時は麻痺していたのか、まだ大丈夫だと思っていました。

夜は、一緒の部屋で寝ていました。でも、2-3時間おきに寝室を出たがり、そして戻って来るを繰り返していました。
毎回トイレというわけではありませんが、トイレだといけないので、その度にドアを開け、待つ。さすがにつらくなり、2月24日、寝室用にトイレを新調。
(結局2-3回くらいしか使わなかったトイレ)
寝室に新調

食欲がなくなっていたノアが気が向いた時に少しでも食べられるようにと、ご飯と水も置いていました。
寝室に新調

それでもお天気がよい時は、大好きなベランダピクニック、楽しんでいました♥
猫ノア、ベランダぼっこ
(2017年2月19日撮影)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 15:44 | Comment(0) | 最期の3月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0