猫のバッチフラワーレメディ教室

2017年10月10日

ようやく報告

9月22日、猫ノア部長が最後に通っていた動物病院へ、逝ってしまったことをようやく報告することができました。
ずっと連絡しなければと思っていたのですが、電話をしようとすると胸がつまりできなかったのです。

座れないこともあるほど、病院の待合室はいつもいっぱいで、開院時間前には、入り口に並んで待つ列ができていました。遠くから通っている方もいらっしゃいました。
そんな状態だから、先生方は大忙し。なので、まさか院長先生が電話を代わってくださるとは思ってもみませんでした。

「ノアちゃん、本当によく頑張っていたよね」「お母さんも、よく頑張ったね」とやさしい声をかけてくださいました。
今まで報告できなかったことをお詫びした時の「電話をするのに勇気がいったでしょう」との言葉には涙が出ました。
逝ってしまった様子を報告すると、最後は腎臓だったんだろうねとおっしゃっていました。
偶然、巡り合えた病院。最後にかかれて本当によかったです。

初めての病院での採血後、ほっとしたところをパチリ。2016年5月24日撮影
猫ノア、採血後

エコー検査も、こちらの病院で初めて体験しました。
そのエコー検査。今日、私自身も受けるはめに・・・。(注:@人間の病院)
検査を受けながら、ノアもこんな感じだったのかしらと思い返していました。
2日後に、また行かなければなりません。体をいたわります。(ちょっと、ドキドキ)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 16:51 | Comment(2) | ずっと一緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
初めてコメント致します。こちらで邵氏温灸器を購入させて頂きました。
当の猫さんはあまり必要としないのか、もっぱら飼い主が使用してとろけそうになっております。
 この度の記事を読んで、以前亡くした子の事をやはりなかなか獣医さんにお知らせできなかった事を思い出しました。
現在暮らしている子もBUNとCreの数値が上がるようになって今年で6年目です。お薬も増えてしまいましたが、なんとか頑張ってくれています。
いつかはお別れの時がくるので、それまでは楽しく穏やかに過ごして欲しいと思っています。猫ノア部長さんの事はとっても悲しく人ごとのようには思えませんでした。
お身体を大切に過ごして下さいね。たとえ亡くなったとしても、猫ノア部長さんはずっと一緒ですから。私もそう思って過ごしています。
Posted by koh at 2017年10月19日 13:51
*kohさま*

温灸器のとろけそうな感じ、とってもよくわかります。気持ちよいですよね。

ノアのことを想ってくださって、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

kohさんも、同じだったのですか。知らせよう知らせようと思いながらも、月日だけがたってしまいました。
病院でいただいた薬や、点滴などはまだ動かすことが出来ず、そのままです。頭と心は別で、なかなか難しいです。
でも、見えなくなったけれど、kohさんの猫さんもノアも、ずっとずっと、きっとそばに・・・。

今の猫さんも頑張っているのですね。楽しく穏やか、それが一番ですよね!そんな幸せな日々が一日でも長く続きますよう、心から願っています。
Posted by nekomono at 2017年10月19日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0