猫のバッチフラワーレメディ教室

2017年07月23日

「最後だとわかっていたなら」

猫ノア部長が永久名誉ぶちょーに就任して以来、その立場にふさわしきよう、傍らにはいつも花を欠かさないようにしています。
嬉しいことに近所のスーパーの中の花屋さんが財布にやさしく、昨日買ったアンティークな色合いの薔薇は、なんと10本で324円!(さすがにここまでのものは、なかなか出ないと仰ってはいましたが)

中心にいくほど紫がかったピンクが綺麗な薔薇と、仮置き写真のぶちょー。
猫ノアとピンクのバラ

昨日は、こちらの本も届きました。
猫ノアとピンクのバラ
「最後だとわかっていたなら」
ノーマ・コーネット・マレック 著 / 佐川睦 訳

9.11の後に広まり、有名になった詩です。もしあの瞬間が最後だとわかっていたなら・・・と綴られています。
ウェブで全文を読むことができるのですが、あるレビューに、後書きを読むだめだけにでも買う価値があると書かれていたのを読んで、購入しました。

本だと一句一句がゆっくり入ってきて、更に心に響きます。
後書きには、詩の背景と、訳した背景が書かれていました。この背景に詩の深みがますます増し、大切な一冊になりました。

大切な存在が逝ってしまったすぐ後に読むには、つらい詩かもしれません(私は多分無理でした)。少し月日がたってから読むと、心に寄り添ってくれると思います。


ノア。最後だとわかっていたなら、嫌がることはせず、ノアの望むすべてをかなえようとしたのに。体のぬくもりを感じながら、ただただ静かに傍にいたのに。
明日は、当たり前にくると思っていた。まったく疑っていなかった。悔やんでも仕方がないことだけれど。
でもきっと姿は見えなくても、今日も一緒にいるよね。だから伝え続けるね。大好き。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ずっと一緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0