猫のバッチフラワーレメディ教室

2011年07月07日

虫が近づかない、体づくり

動物たちを悩ませる寄生虫。ダニには、バベシア症などのこわい病気を引き起こす種類もいます。きちんと予防してあげたいですよね。
こまめな掃除やブラッシング、ハーブなどでの虫除けは、欠かせない予防策。
でも、もうひとつ忘れてはならないことがあります。それは、「虫が近づかない体づくり」です。

実は寄生虫たち。元気な体より、抵抗力のない弱い体の方が好きなのです。弱った子猫に、ノミやダニが集るのも、そういうことだったりします。
そこで、体を元気にしてくれるハーブのひとつ、ガーリック(ニンニク)の登場です。

ガーリックは五千年以上の歴史を持ち、強壮、免疫賦活、抗癌、抗ウィルス、抗真菌、血液浄化・・・など、この他にも様々な薬効があります。
体を元気にしてくれる効果があるだけではなく、食べると毛穴から出てくる硫黄化合物(ガーリックの臭いの元)。ダニはこれが嫌いです。また、体の中の寄生虫も硫黄化合物が苦手です。
ガーリックは、ダブルの効果で寄生虫が住みにくい体を作ってくれる頼もしいハーブなのです。

与える時は、生をすりおろしたものか粉末のものを食事の中に混ぜます。量は、様子を見ながら調整してください。ちなみに、我が家で猫ノア部長に与えている量は、少々以下の本当にぽっちりです。
赤血球を減少させる作用がありますので、摂取しすぎると貧血を起こすおそれがあります。体によいからと言って、一度に大量に与えることは避けましょう。また、子猫は体がつくられている段階なので、避けたほうがよいと思います。
猫さんが嫌がらない範囲で、楽しみながらお使いくださいね。


コレの宣伝、忘れていませんか?
ハーブの虫除けと猫ノア

中に、こんなのが・・・。(成分表示を見る猫ノア部長)
ハーブの虫除けと猫ノア

虫除けには、体に負担がかからないペディペディ ハーブを♪


*記事は、2007年、ペットのフリーペーパー「ワイヤードマガジン」に連載した時の記事に加筆、修正したものです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

【猫の生活の最新記事】
posted by nekomono at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0