猫のバッチフラワーレメディ教室

2011年05月07日

パリにゃん

 パリにゃん
「パリにゃん」 parinien
   酒巻洋子

タイトルの通り、パリの猫たちが紹介されている、素敵な写真本です。

さすがは、パリ。猫さんたちの住まいのお洒落なこと!その洗練されたインテリアの中、もったりくつろいでいたり、生き生きと活動していたり。場所が違っても、猫は同じ。
ドウキョ人さんたちのウチの猫、かわいいでしょ!って表情も同じで、嬉しくなります。みんな大切にされて幸せそう。

パリの区別にパートが分かれている構成で、区ごとの特色も一緒に楽しめるようになっています。合間に登場する看板猫さんたちも、魅力的です。

パリにも、三毛猫さんがいるのですね。和のイメージが強い毛柄ですが、パリの風景の中に、違和感なく溶け込んでいたのが印象的でした。日本と違った雰囲気も新鮮で、可愛いです。

フランスでは、どの毛色の猫が多いのだろう・・・と思い、調べようとしたのですが、フランス語がわからないので、すぐに挫折・・・。
フランスは、ブルー(灰色)の毛並みの「シャルトリュー」が有名。そうするとやっぱり、ブルーの猫が多かったりするのでしょうか。

ブルーと言えば、かつて我が家にもアビシニアンのブルーが・・・。どこから見てもグレーなのに、なぜブルーと呼ばれるのだろうかと不思議に思っていたのですが、黒が薄くなった毛色をグレーでなく、ブルーと呼ぶ決まりごとがあるのだそうです。

灰色猫 てつ


ブルーも、三毛も、黒も、白も、みんなパリにゃん!楽しめますよ♪


タグ:猫写真 猫本

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

posted by nekomono at 12:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の本棚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0