猫のバッチフラワーレメディ教室

2010年07月06日

雑菌、うじゃうじゃ?

猫や犬の容器を洗っても、ぬるぬる(ヌメヌメ?)がとれないなんてこと、ありませんか?
それは、雑菌が繁殖している証拠・・・!

実は、ペットの食器は、菌にとって、居心地のよい素敵な場所・・・なのです。
食べかすや、ほこり、猫や犬の口から入る唾液で、どんどん仲間が増えます。

特に、気温があがる夏場の水入れ容器は、要注意!
水の中は、繁殖しやすいそうですよ。

対策としては、

・1日2回以上、水を入れ替える
・容器は2つ用意して、1日おきで交互に使う (毎日洗って、きちんと乾燥させるため)
・傷が多くなったら、買い替える (傷に菌が入り込んでしまうため)

などでしょうか。

そうは言っても、お仕事などで、水を頻繁に取り替えられなかったりしますよね。
そんな場合に、オススメなのが、「抗菌ディスク」です。

銀イオン抗菌ディスク

水飲み容器にディスクを入れると、水が銀イオン水となり、雑菌を抑制、きれいな水を維持します。
水をわざわざ買わなくても、きれいでおいしい水ができちゃうのは嬉しいですね。

薬品を使っていないから安心!
人の入れ歯ケースにも使われています。

もちろん、我家の水入れ容器にも♪
猫ノア部長がきれいな水を飲んでいる姿を見ると、なんだか幸せな気分に・・・。

水を飲む猫うまうまデス♪

猫は泌尿器系の病気になりやすいので、おいしい水をたくさん飲んで、どんどんおしっこを出してほしいですよね。

ところで、浄水器の水って、そのままの水道水より雑菌が繁殖し始めるのが早いって、ご存知でしたか?
水道水が塩素消毒されていることは、よく知られていますよね。

残留している塩素は、沸騰させたり、浄水器を通すと少なくなるそうです。
塩素が抜けると、水はおいしくなるのですが、雑菌は繁殖しやすくなります。
冷凍庫の製氷機に、浄水器の水を入れないで・・・という注意書きがあるのは、このためなのですね。

水道水自体は、この残留塩素のため、比較的もつようで、3日間が目安とされています。でもそれは、きれいな容器に入れて、しっかりと蓋をしめた場合のこと。
表面が空気にさらされている場合は、雑菌が繁殖しやすくなります。
さらに、ペットの食器のように、食べかすや唾液、ほこりが入る状態では・・・。

「抗菌ディスク」、本当にオススメです。


*参考ホームページ
川崎市上下水道局、鹿沼市水道部、三重県水質管理情報センターなど

人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫用品・グッズへ
クリックで応援いただけると、うれしいデス。(猫ノア)

nekomonoへは、コチラから↓
ねこものロゴ

【猫の生活用品の最新記事】
posted by nekomono at 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫の生活用品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック





nekomono facebook
ねこもの twitter


ファン
 メッセージを送る
 このブログの読者になる
 更新情報をチェックする
 ブックマークする
 友達に教える
検索
 
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0